脊柱管狭窄症の対策をしよう|医師と一緒に考える治療法

動かさないと治らない

腰を押さえる男性

脊柱管狭窄症というものがあります。誰にでもよくある腰痛のことです。それがひどくなるとヘルニアになる場合があるので注意しないといけません。いろいろな治療法がありますが整形外科を受診して自分にあった治療法で改善することがベストです。

More Detail

背骨の病気の紹介

2人の医師

脊柱管狭窄症の予防として、姿勢の改善と筋力の増強が挙げられます。姿勢は猫背に気をつけたり、背筋を伸ばしやすいようにクッションなどを使う、筋力アップは体幹を意識するという工夫が効果的です。脊柱管狭窄症の治療では投薬を主とする保存療法と手術療法があり、保存療法が一般的です。

More Detail